2013年10月05日

sugar hihgh -体験版-

唐突ですが、sugar high -体験版-を作ってみました。

sugar_high_dig.jpg

sugar highはアナログゲームですが体験版はデジタルゲームとなります。
↓ダウンロードファイル
sugar_high.zip

ダウンロードファイル内にはゲーム本体とマニュアルが同梱されています。
Zipファイルを解凍しお使いください。
※体験版ではルールが一部異なります。

動作環境はWindowsOSのみとなります。(XP/7で動作確認済)
また、Visual Basic 6.0用ランタイムがインストールされている必要があります。
ランタイムはインターネット上で配布されています。

と、いうことで勢いで作ってみました。
私のスキル不足のため、動作環境が限定されてしまい申し訳ありません。

デザインが古臭かったりAIが弱かったりしますが、動作環境をお持ちの方には是非体験していただければと思います。

とさか
TOSAKA.jpg


posted by とさか at 16:13| Comment(0) | アナログゲーム製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

sugar high 〜ストーリー編2〜

ケン:
今日も始めるぜ!お菓子祭り直前レポート2!!


マリ:
ドンドン〜!
レポート1はこちらから!
  

ボブ:



ケン:
で、どこまで話したっけ?


マリ:
ケンがルールを説明するところね。


ケン:
OKOK!それじゃ早速いくんだぜ。
ルール1つ目、基本は村の広場で全員待機!
コッソリおねだりしに行けないように、みんなで広場に集まるのさ。


マリ:
なるほど。
広場にある掲示板を見ればお店の状況も分かるし、一石二鳥ね。



ケン:
2つ目、おねだりはみんなで公平に出発!
お店にある程度お菓子が並んだと思った人は、おねだりに出発するための出発コールをするのさ。
そうすることで、やっと全員がおねだりに行けるんだよ。


マリ:
ふーん…おねだりに行ける回数はみんな平等ってことね。
でも結局マッハされたら、先におねだりされちゃうじゃない。


ケン:
まぁまぁ、落ち着いて。
おねだりには出発順番があって、出発コールをした人から順に時間を少しずらして目的のお店に出発するんだよ。
要するに、出発コールをすれば一番早くお店に行けるってこと。
ボブは前の人を抜かさないように注意してね。


ボブ:


マリ:
ってことは、早く出発コールをすれば有利ってこと?
例えば、ケンの後に私が出発して同じお店に向かった場合、私はお店のお菓子を貰えないものね。


ケン:
ところがドッコイ!そうとも限らないんだなぁ。
ってことで、最後は最重要ルール!
おねだりに出発する時は、あらかじめ誰におねだりするかを決めなくちゃいけないんだ。
選択肢は2つ
A.お店
 この場合、向かったお店に並んでる菓子を貰うことができるよ。
 だけど、お店に居合わせた人からはおねだりは出来ないんだ。
B.お店に居合わせた人
 この場合はAと逆で、向かったお店にはおねだり出来ないんだ。
 そのかわり、お店に居合わせた人からお菓子を貰うことができるよ。
ちなみに、他の人が誰におねだりするかは秘密だから、他の人の動向とお店の状況を良く考える必要があるね。
OK?


マリ:
ほえ?


ケン:
ですよね、ちょっと例え話で説明するね。


例1:
ケンが出発コールをしました。
ケン・マリ・ボブの順番でおねだりに出発します。
ケンはチョコ屋に並んでいるお菓子をおねだりしに向かい、並んでいるお菓子を全て貰いました。
マリはドーナツ屋に並んでいるお菓子をおねだりしに向かい、並んでいるお菓子を全て貰いました。
ボブはキャンディー屋に居合わせた人からおねだりしに向かいましたが、誰にも会わなかったため貰えませんでした。

例2:
マリが出発コールをしました。
マリ・ボブ・ケンの順番でおねだりに出発します。
マリはドーナツ屋に並んでいるお菓子をおねだりしに向かい、並んでいるお菓子をすべて貰いました。
ボブはドーナツ屋に並んでいるお菓子をおねだりしに向かいましたが、お菓子が並んでいないため貰えませんでした。
(ドーナツ屋のお菓子はマリが先に貰っているため、お菓子は並んでいませんでした。)
ケンはドーナツ屋に居合わせた人からおねだりしに向かい、マリとボブからお菓子を貰いました。

ケン:
OK?


マリ:
ボブが不遇なのは分かったわ。


ボブ:


マリ:
まぁルールはなんとなくわかったわよ。
早く出発した人は、お店のお菓子を貰える可能性と、おねだりされる可能性が高い。
逆にお店に居合わせた人からお菓子を貰える可能性は低い。

遅く出発した人は、お店のお菓子を貰える可能性と、おねだりされる可能性が低い。
逆にお店に居合わせた人からお菓子を貰える可能性が高い。

こんな感じかしら?


ケン:
バッチリだね。
ルールは以上だけど、どうかな?


マリ:
確かに公平そうだし、良いんじゃない?
…と思ったけど、ちょっとまって。
私たち3人は公平でも、他の人と比べたら不公平じゃない?
私たちが広場で待機している間に、他の人はお店におねだり出来ちゃうわけでしょ?


ケン:
あ、それは大丈夫。
お菓子祭り中は他の人には会わないことになってるんだ。


マリ:
え?


ケン:
だから、お店を除いて僕ら3人以外からおねだりすることも、されることもないってこと。


マリ:
え?え?なんで分かるの???


ケン:
設定だから。


マリ:


ボブ:










ケン:
よし、それじゃお菓子祭りに並行しておねだり競争開催だ!
俺がダブルスコアで圧勝かな?




マリ:
望むところよ!
頭の勝負なら負けないわ!




ボブ:
Whether dirty or clean, anything goes in the world of victory or defeat.
I'm gonna win.
Let's party!!




以上、お祭り直前レポートをお送りしました。

かなり駆け足&文章のみのため分かりづらいかもしれませんが、なんとなくでも内容・雰囲気を感じ取っていただければと幸いです。

とさか
TOSAKA.jpg

posted by とさか at 18:08| Comment(0) | アナログゲーム製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

sugar highその2

お晩です。

今回はストーリー編2!をお休みして、内容物の一部紹介をいたします。
文字だけの紹介ではイメージしづらいかなと思うので。

改めまして、本品はお菓子を集めるカードゲームとなります。
そこで、紹介するのがこちらのカード。
sweet1.jpg
左からキャンディ・チョコ

sweet2.jpg
更にドーナツ・マカロン
洋菓子の定番ですね。

洋菓子だけじゃなく、こんなお菓子も取り揃えております。
sweet3.jpg
左からだんご・ようかん
ワールドワードでございます。

以上6種のカードをお菓子カードと呼び、得点カードともなります。
お菓子カードには点数の表記はなく、ゲームの勝敗は集めたカードの枚数によって決まります。

では、どうやってお菓子カードを集めるのでしょう?
更に詳しいお話は次の機会までお待ちください。





ところで、お菓子カードをご覧になって違和感を感じた方もいるかもしれません。
そう、あのメジャーなお菓子が無いのです。








ということで、チラッと紹介こちらのカード。
sweet4.jpg
家と人の形をしたクッキー

この2枚のカードは、お菓子カードとは呼ばず扱いが異なります。
そして、本ゲームにおいて重要な役割を担っています。
詳しいお話をしたいところですが、今回はここまで。

とさか
TOSAKA.jpg
posted by とさか at 19:06| Comment(0) | アナログゲーム製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。