2013年11月17日

sugar highの楽しみ方(出発カード)

お晩です。

ゲームマーケットから2週間が経ちました。
みなさんにsugar highが楽しんでいただけているか気が気でない毎日です。

今回は、本ゲームをより楽しんでいただくためのポイントとして「出発カード」をご紹介いたします。
GoTreat.jpg

本ゲームで使用する出発カードは2枚ありますが、ゲームで使用するのはどちらか一方です。
また、ルールブックには「初めてプレイする場合は矢印が時計回りの出発カード使うことをお勧めします」と記述しております。
そのため、反時計回りの出発カードをまだ使われていない方もいるかと思いますが、このカードが今回のポイントとなります。

実際にプレイされた方は感じたかもしれませんが、おねだりフェイズでは手番が2番目のプレイヤーが比較的不利になるように設計されています。
(特に3,4人プレイ時)
逆に、先頭と最終手番のプレイヤーは比較的有利になるように設計されています。

仮に、あなたを含めた4人のプレイヤーで本ゲームがプレイされていて、現在はあなたのターンです。
お店にはお菓子カードが程よく並んでいます。
ここでおねだりに出発して、有利に事が運べるかは5分5分の状態とします。
また、出発せずに手番が移った場合、次のプレイヤーはおねだりに出発しそうに見えます。
さぁ、あなたはおねだりに出発しますか?


ここで重要なのが出発カードとなります。
時計回りの出発カードを使用していた場合は、リスクを犯して出発する必要はないかもしれません。
なぜなら、次のプレイヤーがおねだりに出発した場合、おねだりフェイズであなたは最終手番となるからです。

反時計回りの出発カードを使用していた場合は、そう簡単にはいきません。
あなたがおねだりに出発せず、更に次のプレイヤーがおねだりに出発した場合、おねだりフェイズであなたは2番手になってしまいます。
次のプレイヤーがおねだりに出発する見込みが高い場合は、リスクを覚悟しおねだりに出発することも必要になります。

このように、反時計回りの出発カードを使うことで、おねだりに出発するかの判断がシビアになります。
おねだりの出発回数も増えるため、ゲーム展開がガラッと変わるかもしれません。

ということで、「反時計回りの出発カード」はゲームに慣れてきた方のプレイで是非使っていただきたいお勧めの1枚となります。
なお、このカードを使うことにより、通常進行とおねだりフェイズ進行時で手番順が逆転します。
少し紛らわしくなりますのでご注意ください。

とさか
TOSAKA.jpg
posted by とさか at 23:43| Comment(0) | アナログゲーム製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。